ウィステリア色のショールふたつめ@Saroyan
2014年04月24日 (木) | 編集 |
前回、Annisを編んだ時に余った
シルクハセガワさんのウタゲ-5のウィステリア。

どうしようかなーと思っていたところへまたもRavelryで発見。

前から 後ろの写真のほうが大きい(笑)
Saroyan by Liz Abinante


この名前にピンときた方もいるはず。
Bonesのサローヤン博士の名前のショールです。
こちらのデザイナーさん、
他にもキャラクターの名前が冠された作品がいくつか。
どれもシンプルでわたしは好き。

葉っぱ模様を全体で4つ多くして、増減を二段ごとにしました。
雰囲気は若干違うかもです。

こちらは片側リーフなのですが、両側リーフの作品もあって
そちらも編みたいな~。

仕上げの図
増減部分はこんな感じ。

わたしは基本的には水通しはしません。
(シェットランドの糸は別)


そういう風に教わったから、というのもありますが
面倒臭いからというのが一番の理由かな(; ̄ー ̄川
水を通さないかわりに、
ボイラー式のスチームアイロンでしっかりスチーム入れます。
大好きなとても頼りになる相棒です。

そうそう。
この頃おでかけの際にAnnisを携帯(?)しているのですが、
やっぱり派手だよねぇ。奇抜かなー?といつも持っているだけ。

昨日友達に「これさー、どーかなー?派手かなー?」と聞いてみたら
「派手じゃないよ。要らないならもらうよー?」と言ってもらえてね。
気をよくして羽織ってみたら、あら意外にそれほど派手でもない(笑)。
三角ショールはちょっと・・・なわたしも、
三日月形ショールは巻きやすいかも!落ちてきたりしないし。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック