育ててます
成分解析
Category
Friends links
RSS
QR code
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
靴下7
友人とランチしたときに手編み交換会をすることになり、編みました。
わたしは靴下を友人はバッグを。
多分1年くらいたつと思うのだけど、そろそろまた会えるといいなー。

糸はOpalのPotpourri/TraumhaftesのRummelplatzという糸。
"遊園地"という名前のついた色です。
名前の通り、編んでいてとても楽しい糸でした。

アンクレット丈なので、おそろいでわたしの分も編みました(もう履いています(笑))

靴下8
こちらはRegia 4-fädig Colorのbubblegum colorという糸。
模様の靴下糸でしましまじゃないのは少数派?
柄合わせを考えなくてもいいからラクだし、なによりかわいい

またこちらはWendy D. Johnsonさんの本:Socks from the Toe Upから
"Mock Cable Socks"を参考にして編みました。
目からウロコのケーブル模様。すっかりお気に入り。

いったんここで靴下編みは休憩。
夏の巻き物を編もうと思っています。
スポンサーサイト
道草

今までなぜか編むことのなかった三國さんの作品。
年が明けてすぐにご縁がありまして、編むことになりました。

"道草"は想像よりもずっと大きい作品でした。
そりゃそうですね。両袖と前後身頃が全部つながっているのだもの。
それでもとても楽しかったです。かわいいし
細かいところまできちんと考えられていて、
三國さんはきっとニットも毛糸も大好きな方なんだろうなと思いました。

簡単な糸で簡単にすぐ編めるのも悪くないけれどねっ。
目を増やしたり減らしたり、模様を編んだり、
大きな作品は時間をかけて丁寧に編みたいなと改めて思いました。はい。

指定の糸(ダルマのメリノDK)に対して指定針が9号と10号。
「ローゲージなのかな?」と思って手を合わせていくと、
わたしの場合は5.5号(3.75mm)でした。
手加減ってひとそれぞれですねー。
手編みってそんなところもまた人間くさくて面白いです(笑)。
グレー→白のミニショール 黒のミニショール

昨年末にどちらもハマナカのファーリッシュという糸で編みました。
グレー→白のグラデ糸の方はずいぶん前にいくつか編んで、おば達にプレゼント。
(何かのお礼だったような(笑))
最後の1玉は母に。

ほどけないように輪に通す式が欲しいとリクエストもらったので、
片方を片方に通すようにしていると思います。

余り糸でシュシュも編みました。意外にもこれが大活躍(笑)。

右側は同じファーリッシュの黒。
この糸はなんだかたくさんあってね。
ムスメにボレロかベストでも編もうと思って買ったような記憶もぼんやり・・・(笑)。

ファーヤーンはいつの間にか伸びてほそーくなってしまうから
これはアフガン編み(表)で編んでいます。わたし用。
あまり伸びません。母に編んだもの(ガーター編み)と比べると厚みもあります。

冬の間、外出のお供にしていました。
いくつか編んでiichiのお店に置こうと思っていたのに・・・また来シーズンです。
手が空いているうちに自分のものをいろいろやろう!と。
時間がどうあれ、手仕事からは離れられないワタクシ(笑)。

パピーのソレント(廃番糸です)であれこれ編みました。

マフラー マフラー
まずはマフラー。
一枚だとぺらぺらなので、袋編みで二重になっています。
その分ローゲージで。

袋から出すまで忘れていたのですが、ソレントってとっても肌触りがいい糸。
全然ちくちくしない。本当にウール100%?って思うくらい。
単色で定番化してもらえたら嬉しかったのになぁ。
敏感肌のひとには売れたと思うんだけどなー。

手袋 手袋
次は手袋。
もちろん指先はないです(笑)。こちらはハイゲージで。

もうひとつ自分用に編もうと思ったら、親指と中指分くらい糸が足りなそう。
柄合わせするからもっとかな・・・。

手袋とマフラーはiichiさんのお店にて販売中です。
もしよろしかったら、是非にです

帽子 帽子 帽子
こちらはワタシ用の帽子。
以前編んだ帽子に穴が開いてきてしまってね
肌触りがいいので首や耳がかゆくならないのでとてもいいです。

これでソレントはおしまいです。
本当に単色でこの糸があったらなー・・・。廃番なのが残念。

次は以前から母にリクエストされていたミニマフラーをファーリッシュで編みます。
なぜか10玉もあるので、加えて伯母・ムスメ・わたしの巻物を編むつもり。
気力が続いたら何か、お店にも出そうかなと思っています。
波模様のフードつきのケープ 波模様のフードつきのケープ

嶋田俊之さんの著書:シェットランド・レース から
波模様のフードつきのケープ Old Shale-cape with hood

(↑おそるおそるラベリーに登録してみた。)

途中で糸が足らないことに気が付いて、泣く泣く全部編みなおし。
号数をふたつ大きくして、模様をひとつ減らし。

ボタンは持っていたガラスのボタンをつけました。
あんまり合ってない気がするので、あとで取り替えようかな。

編みたいものと身に付けられるものは違うこともあるのよね...
袖のないものって、着どころがわたしにはわからない(笑)
なので、これはムスメへ。
今季にはギリギリ間に合ったか??ちょっともう寒いかな。

本ではJamieson & Smithの2ply Laceのようですね。
なんとなくわたしはJamieson'sのUltraで。
軽くて手触りも良くて大好きな糸になりました。
もうレースは全部これでいいやん!!のイキオイ(笑)。

こちらの本から他にも編もうと思って、糸は用意してあるのですが。
冬将軍がやってくる前に急いで靴下を編まないと!!
Profile
*kaokao*(* ̄▽ ̄)
あみもの クロスステッチ
タティングなどなどを楽しむ。
近頃はガラにもなく
細糸とレース編みにときめく。

iichiさんにてお店始めました。
手編みのオーダー承ります♪
お時間あったらのぞいてみてね。
また、
"あなたにかわって編みます"
↑ピンときた方は↓メールにてご連絡ください。
Mail

うまくいかない時はこちらから>>

Tweets
Progress

Ravelryへ  instagramへ
Other Links
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。